マナティの太陽光発電がほしいほしいダイアリー

30歳後半/凡庸な会社員@関東です(^-^)b。セミリタイアに興味なし! / 「メガ発電家」の称号を得ることで自尊心を取り戻したい、ただそれだけのために太陽光事業に取り組む初心者の、アツく切ないPVストーリーです(^-^)b

成果:商工会議所へ先端設備~の「確認書」を依頼、その他雑感

今週末は寒いので自宅周辺! マナティです(^-^)

 

関東在住 / 低圧3基 / サラリーマン / 太陽光事業は開始1年の初心者です(^-^;

課題は新規案件の獲得、年内に2基以上のメドがたたないと事業からExitです。

 

さて、先日は商工会議所を訪問し、先端設備~の確認書を依頼しました。 

https://manateepv.hatenablog.com/entry/2019/11/23/013104

・・・具体的な案件はないのですが(^-^;

昨年に確認書の発行を依頼しましたが、県外/市外は不可とのことで断られました。

 

コトトロさんブログを見て、 「確認書」の発行依頼を再度チャレンジ!

 ブログの直リンクをメールして、こちらから時間帯を指定して突撃(^-^)v

メールを送ったのは、前日(当日)の深夜2時頃です(^-^)

【(参考)コトトロさんブログ】

「先端設備導入計画の認定機関による確認書は商工会にもらおう」

https://kototoro.com/confirmation/

 

さすが上位ランカーのブログです、分かりやすい。商工会議所の担当に、全国の商工会議所の取りまとめ機関に問い合わせてもらって、市/県外案件での「確認書」の発行が可能と確認いただきました。

 

それにしても、「先端設備~」の税理士への依頼費用は高いですね。

相場は8~10万円ですか、、、うむむ。

 

私は、1号基:税理士(確認書のみ)、2・3号基:金融機関(確認書のみ)で、

「先端設備~」の申請は、書類作成を含め自身で行いました(^-^)v

税理士法人の確認書依頼費用は、2案件(1件キャンセル)で1桁万円。。。

1桁といっても、「すきやばし次郎」や「銀座久兵衛」の1人前くらいの費用(^-^)b

我ながら、3案件の申請で、相当なコスト抑制ができてますね(^-^)v自画自賛

 

先端設備等導入計画は、費用面以外でも、自身で申請した方が良いと思います。

1件キャンセルとなった市町村では、野立て太陽光の申請は「原則」受け付けていなかったのですが、担当部署とのコミュニケーションを通じて、最終的には申請を受理・承認いただきました。結果は案件キャンセル⇒承認取り消しですが(笑)(※本件は、個別の事情のため、詳細は差し控えたく。官僚みたいな蛇足(笑))

 

「経営力向上計画」(=公庫の金利優遇)の申請も、自身で簡単にできますよ。

無担保・無保証枠なら信用にキズがつかず、多少の条件の悪さはカバーできますから。

政府系の利用については、個別の状況によると思います。

自身での申請は簡単だ、との趣旨ですので、ご理解よろしくお願いしますm(_ _)m

 

今日は事業関係は何もしませんでした。休息も重要と思います。

先週に旅行をしていたのは、休息とは別物です(^-^)b

 

明日は書類整理・支払い関係を進める予定です。ではまた(^-^)ノシ