マナティの太陽光発電がほしいほしいダイアリー

関東在住の凡庸なアラフォー・サラリーマンのマナティです。セミリタイアに興味なし!? / 自尊心を取り戻したい、ただそれだけのために太陽光事業に全力で取り組むアツく切ないPVストーリーです。

毎月の習慣:月次の入出金・販売電力量(翌月の売上見込み)の管理

進捗モニタリング! マナティです(^-^)b

 

関東在住 / 低圧3基 / サラリーマン / 太陽光事業は開始1年の初心者です(^-^;

課題は新規案件の獲得、年内に2基以上のメドがたたないと事業からExitです。

 

今回は私の経営ノウハウ(というほどでもないですが)について投稿します。

私は基本的には、毎月終わり頃に、法人用の口座を全て記帳しています。

ただし、11月は消費税還付があったため、それだけは月途中で記帳しました(^-^)v

 

法人を運営するにあたり、最も重要なのは資金管理と考えています。

一般的には、売上が無くても倒産しませんが、キャッシュ不足での倒産はあり得ます。

 

私は、「毎月の売上=入金(冬場含む)」>「毎月の返済」+「その他経費(販管費)」を事業方針としています。

加えて、法人口座にそこそこ預金があり、現在は3基のみ保有で規模が小さいため、キャッシュ不足はまずありえません(^-^;

ただ、今後は売上2000万円(欲を言うと3000万円、いや実はもっと欲しいw)の法人/太陽光発電所の経営を目指していますので、当初から売上2000万円でも十分に運営できる体制づくりに取り組んできました。

 

春先は1基のみの稼働でしたので、「毎月の入金」<「返済」+「販管費」になりがちでしたが、3基くらいになってくると、「入金」>「返済」+「販管費」で安定しますね(^-^)b

それらを基に、「試算表」を作成し、今後の事業計画(既設案件の売上見込み、期中での案件の稼働見込みなど)を当て込んでいくと、その年度のおおよその決算の着地点が見えてきます。

 

私の法人は1期目はなんとか黒字にできました。主として太陽光事業としていますが、黒字決算とすべく、その他の売上を作ったりもしました。期中でおよその着地点が見えると、目標(例:黒字)達成に向けて軌道修正が図れるのが良い点と感じます(^-^)v

 

ただし、毎月の記帳は結構な手間ですね・・・。当初は、法人口座のインターネットバンキング(有償)を申し込み、クラウドと連携させようと考えたのですが、恥ずかしながら私の知識ではできませんでした(-_-;

 

ここで、ゆうちょ銀行法人口座はインターネットバンキングが無料で利用できます(^-^v

私は「マネーフォワードME」と連携させていますが、地銀さんから融資を受けていることもあり、基本的な取引は地銀さんの口座を利用しています。地銀さんからは、今後もお取引を継続したい(追加の融資も検討いただきたい)ですから(^-^)b

 

公庫さんや信販さんであれば、地銀さんの口座を利用せず、ゆうちょ銀行を取引の中心にしても良いかもしれませんが、、、ゆうちょ銀行は太陽光事業に融資してくれませんから(^-^;。これらは「お作法」と思って、地銀さん口座で取引する予定です(^-^)b

 

閑話休題、法人口座の記帳に戻しまして(^-^)

記帳については、毎月欠かさず行う中で、どういった日にち・時間帯・動線でやるのが効率が良いかなど、その人に合ったやり方が出来上がっていくのだと思います。

・・・私は11月末に駅ナカATMで記帳を試みましたが、21時を過ぎていたため、できなかったり。。。10月分は駅ナカATMでできたのですが。これも効率化のための勉強(ノウハウ蓄積)と思って、12月分以降の「記帳」に反映させたいと思います。

 

経費について、「法人口座から引き落とし」または「法人クレジットカード払い」のどちらかで管理しています。個人の現金で支払った内容(収入印紙、郵送代、その他)は、管理が大変なため、高額でなければ計上しません(領収証は保管してます)。

法人税・不動産取得税などは、「法人口座から振替」「法人クレジットカード払い」などを利用して、法人口座に紐づけて管理しています。個人の財布から立替払いをすると、後で忘れる可能性があるので(^-^;

 

これらを基に「試算表」を作ると、その時点での会社の状態が分かります(^-^)b

わが社は3基保有ですが、10基に増えたとしても、試算表は同じ手順で作れます。

今後のわが社の課題は、プロジェクト毎の収支をどのように示すか、です(^-^)

3基程度ならば、プロジェクト毎の管理は不要と感じていますが、売上1000万円を超えてくると、プロジェクト毎の収支+販管費の管理は必要かなと思います。

率直に申し上げて、それらは作ろうと思えばすぐにできますが、キーサクセスファクターは「いかに手間をかけずにやるか」に加えて、「マナティがやる気を出すか」であろうと思います。さすがわが社の自慢の社員、やる気を出すかどうかだけの問題(^-^)b

 

この記事をお読みになった方で、プロジェクト毎の収支管理をされている方がいらっしゃれば、コメント欄などにご助言を頂けますと大変うれしく思います。

 

いつもは雑多なことしか書きませんが、たまには役に立つことをかかないとね(^-^)b

今後ともどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m